脂肪を落とすベイザー治療|ダイエットを成功せさせる

安全で効果的な脂肪吸引

脚

ベイザー脂肪吸引は脂肪細胞にしか影響しない超音波(ベイザー波)を使って行う脂肪吸引法です。この脂肪吸引法は血管や組織への影響が少ないため、術後の出血や腫れが少ないことや手術時間が短いこと、肌の引き締め効果も期待できることなど数多くのメリットがあります。

More Detail

脂肪吸引をしよう

ウエスト

食事の摂取量を減らしてハードなトレーニングを続けていれば、比較的簡単に体重を落とすことができます。もちろんお腹が空いても食べずに我慢しなくてはなりませんから、強い意志力が必要になります。しかし、人間の体は、外から栄養分の補給が行われないと体の中にため込んでいる脂肪を燃焼してエネルギー源にする仕組みになっているため、食べないでいる限り確実に痩せることができます。とはいえ、いったんは痩せることができたとしても、元通りに食事を摂るようになった途端に激しいリバウンドが起こり、以前よりも太ってしまうケースが少なくありません。ダイエットを成功させるためには、いかにしてリバウンドの発生を回避するかという問題がとても重要になってきます。この厄介なリバウンドのことを、全く心配する必要がない方法があります。それは、美容外科クリニックで行われている脂肪吸引手術です。体を太らせる元になっている脂肪細胞そのものをなくしてしまえる方法であるため、多くの人が利用しています。

先程述べたように、脂肪吸引を受ければ脂肪細胞の数自体を減らすことができるため、その後は再び太ることを心配する必要がなくなります。しかし、皮下脂肪層の中には細かい血管や神経が縦横に張り巡らされています。脂肪吸引手術では、体内に挿入したカニューレについている刃で血管や神経ごと脂肪を削ぎ落としつつ吸引することになりますので、患者の体が大きなダメージを受けます。ダメージが大きければ回復にかかる時間も長くなりますから、生活のあらゆる面で支障が出てきます。その問題を解決するために考え出されたのが、ベイザー脂肪吸引です。ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波の力で脂肪をドロドロに溶かしてから吸引する、新しい脂肪吸引の方法です。ベイザー波には、皮膚や血管、神経などにはダメージを与えずに、脂肪だけを溶解する力が備わっています。出血量を最小限に抑えることができる上、手術の所要時間も短縮できるため、ベイザー脂肪吸引を受ける患者が増加しています。

高度な脂肪吸引治療

太もも

ベイザー波を使った治療はリボとハイデフがあります。ハイデフもリボと同じく超音波で脂肪細胞を液状化して吸引する治療ですが、彫刻のような体を作ることができます。医師は認定が必要で技術によって効果にも違いがあります。術後は腫れや痛みも出ますが、腫れが引けば理想のラインがあらわれます。

More Detail

新しい脂肪吸引

ボディ

脂肪を取る手術の代表が脂肪吸引です。セルフダイエットのようにリバウドするリスクがなく、効果は長期間続きます。新しいタイプのベイザーリポならほとんど痛みがなく、より沢山の脂肪を一度に吸引することができます。

More Detail